キエフ・ルーシ

発行者: 16.09.2021

アルバ・ユリア アムステルダム アテネ バート・イシュル バルセロナ ボルドー ブラチスラヴァ ブリュッセル ブダペスト チェルニウツィー ケルン コンスタンツァ コルドバ ディジョン ダブリン エディンバラ フィレンツェ ジュネーヴ ヘルシンボリ ヤシ イジェフスク カザン クライペダ クラクフ クタイシ キエフ リスボン リュブリャナ ルーツィク リヴィウ ミンスク モンペリエ ムツヘタ ニコシア ニシュ ノリッジ オデッサ パリ プラハ リガ ローマ サンティアゴ・デ・コンポステーラ サラエヴォ シェキ バレッタ を含む マルタ 南東部 ストラスブール シズラニ タシュケント テルメズ デン・ハーグ ヴェリコ・タルノヴォ ヴェネツィア ウィーン ザグレブ. さらに都市では手工業品の生産が発展した。ボリス・ルィバコフ ru の研究では、64種の手工業の専門職が見定められ、11グループに分類されている。チホミーロフはルィバコフの提唱のいくつかに対し、存在そのものや、充分に普遍的な職種だったかという点で疑問を表明し、若干異なる分類をなした [1] 。.

その後、キエフは徐々にロシアの一地方に地位を落としていったが、それでもやはりウクライナ文化や政治運動の中心地のひとつとしての機能を担っていた。そのため、モスクワ政府はキエフを強力な監視下に置くようになり、時期により差異はあるとはいえ、ウクライナの文化的あるいは政治的運動は「 マゼッパ主義 」や「裏切り独立主義」などと呼ばれ弾圧を加えられた。.

キエフは ドニエプル川 の水運で発展した街と言っても過言ではなく、川岸の船着場、 キエフ河川港 は鉄道や道路が整備される以前はキエフの玄関口であった。現在では水上交通の重要性は低下したものの、貨物船の航行は行われており、観光用の 遊覧船 も発着する。. ズヴェニゴロド [31] [注 5]. 市はドニプロ川を挟んで広がっているが、その内丘陵地帯の西岸側が古い建物の残る従来の市街地で、それに対し低地である東岸側は、高層建築物の目立つ新市街となっている。川の中州にはかつてドイツ軍に破壊された村の跡に ヒドロパールク がつくられている。.

見解の1つによれば、 モンゴルのルーシ侵攻 以前の都市の発展段階は、3つの時期に分類されている。すなわち、第一期:10世紀半ば - 11世紀前半、第二期:11世紀後半 - 12世紀前半、第三期:12世紀後半 - モンゴルの侵攻期(年 - 年)である。第一期には ドニエプル川 ・ ヴォルホフ川 に沿って多数の都市が作られた。第二期はルーシが諸公国に分裂し、また封建化が進んだ時期であるため、地方に位置する小規模な都市の役割が増加した。第三期は各都市と文化が最大限に発展した時期である [25] 高校球児イケメン. ルーシ最古の 年代記 である『 ルーシ原初年代記 』(『過ぎし年月の物語』)によれば、 ノヴゴロド (ホルムガルド)に拠って最初の ルーシ の国家( ルーシ・カガン国 )を建設したといわれる リューリク の子、 イーゴリ を擁した一族の オレグ が 年 頃、 ドニエプル川 流域のキエフを占領して国家を建てたのが始まりだとされている。なお、この国家を建設したと年代記が記している「海の向こうの ヴァリャーグ 」が ノルマン人 なのかそうでないのかには議論の余地があるが、ノルマン人が関与していたことはほぼ間違いないとされている [5] (彼らの 言語 は 古ノルド語 であったが、次第に 古東スラヴ語 へと変遷して行ったと推定されている)。建国当初はまだ キリスト教 化もしておらず、 ペルーン などの固有の神々を信仰していた。一方でソ連の学者M・チホミロフは、「ルーシ」という名前は9世紀から知られており、キエフを中心とした東スラヴ人 ポリャーネ族 の国の国号であったと論じており、それがヴァリャーグによって征服され大公国として成立したという説もある。.

ドロゴブジ [26].

キエフルーシ期の都市の数は、 年代記 の記述を重視すると、主要な入植地、各部族の中心地、各公国の支配拠点などが計上される。しかし、年代記の記述不足、年代記の典拠の欠如などから、都市の数は、たとえ近似値でも確立することができていない。従って、年代記を元に2 ダース 以上の都市を列挙することができるが、それは不完全な一覧である。. Retrieved 3 July ピンスク公国 の首都。.
  • この項目では、キエフ・ルーシについて説明しています。その他のルーシについては「 ルーシ 」をご覧ください。. Retrieved 3 July
  • ウィキメディア・コモンズには、 キエフ に関連する メディア および カテゴリ があります。. ホストーメリ空港 もキエフ市に所在する空港ではなく、隣の ホストーメリ市 に所在する。小規模な空港で、別名アントーノフ空港と呼ばれるとおり、アントーノフの機体の試験に使用されている。.

関連語をあわせて調べる

リュベチ [33]. なおこの時、ビザンツ帝国からキリスト教を導入した事により、キエフ 府主教 は コンスタンティノープル総主教 の影響下に置かれることとなった。ここで成立した教会は ウクライナ正教会 、 バーネット 博士 の母体になった。. テレボヴリ公国 の首都。. 公はルーシの商人の利益の保護のため、外国と特別な条約を結ぼうとした。ビザンツとの条約で時に顕著なものは、12世紀末 - 13世紀初頭の『 ルースカヤ・プラウダ 』(ルーシ法典)である。この法典には、戦争その他による損害からルーシの商人の財産を守るためのいくつかの指針が記されている [31] 。. 先史時代 be. ヘルプ 井戸端 お知らせ バグの報告 寄付 ウィキペディアに関するお問い合わせ.

キエフの近郊にあり、キエフの公の離宮として機能した [8] 。 ヴィシゴロド公国 の首都。.

14 [6] [6] [7] [7]. ru. 5 20 .

メインページ コミュニティ・ポータル 最近の出来事 新しいページ 最近の更新 おまかせ表示 練習用ページ アップロード ウィキメディア・コモンズ. キエフの 聖ソフィア大聖堂 は、キリスト教を広めようとする 東ローマ帝国 の協力の下、ビザンティン様式の華麗な教会を模して、 年 に建てられた。コンスタンティノープルにある ハギア・ソフィア大聖堂 と同じように、「 聖なる知恵 」に捧げたものであったが、建物の姿形は全く異なるものである。四角い建物の上に一つの半球状のドームがあるコンスタンティノープルの大聖堂に対して、キエフのハギア・ソフィアは、円柱状の建物の上に13の ハート 状のドームがある。この教会は過去に幾度か損傷を受け、最近の修復作業により装飾しなおされている。. チェルニゴフ [16].

[30]. - - - - - - キエフ・ルーシ. 624 [16]. [23].

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. ロゴジュスク公国 の首都。. 本頁は キエフ・ルーシ期の都市 についてまとめたものである。おおよそ、時代としては キエフ大公国 の成立から滅亡(9世紀 - 年 )、地域としてはキエフ大公国の全盛期の領域に相当する。.

  • 案内メニュー 個人用ツール ログインしていません トーク 投稿記録 アカウント作成 ログイン.
  • 愛称 : 「 ルーシ の町々の母」 [1] ;「第二のエルサレム」 [2].
  • ドニプロ川 の右岸(西部):.
  • ウクライナ・コサック - ザポロージャのシーチ - ポーランド・リトアニア共和国 - フメリニツキーの乱 - ヘーチマン国家 - ハイダマークィの乱 - コリーイの乱.

[ 1] [1] - 13 [2]. [30].

また、職人たちはしばしば固定的な需要の見込まれた特定の物品の生産に従事した。このような物品には鞍、弓、帽子、盾などがあった。なお、 西欧 の都市のように生肉業者やパン職人の存在を仮定することができるが、年代記の記述からは確認することができない。. それは スラブ 族と フィン・ウゴル 族の統一の結果として形になりました。 年まで、それは最大の 異教 の州でした。. リンク元 関連ページの更新状況 ファイルをアップロード 特別ページ この版への固定リンク ページ情報 このページを引用 ウィキデータ項目. カジミール・マレーヴィチ ウクライナの画家.

[31] .